run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...

ホーム > ニュース

ニュース

最新のニュース

2019.07.30

夏季休業のお知らせ

弊社では夏季休暇を下記の通り取らせていただきます。
期間中は大変ご不便おかけいたしますが、
何卒ご理解くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

■夏季休業日程
8月11日(日)〜8月18日(日)まで

尚、夏季休業期間中のお問い合わせに関しましては、
上記休業期間後の回答となりますので、
予めご了承頂きますようお願い申し上げます。

このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ ]

2019.06.27

「第2回 自動化・省人化ロボット展」に出展します!
自動化・省人化ロボット展_コラージュ600x289.jpg

生産現場におけるロボット活用を推進する専門展示会「第2回 自動化・省人化ロボット展」に、標準品モータ「Plexmotion(プレクスモーション)」シリーズと、ハイスピードカメラ「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」を出展いたします。


■「第2回 自動化・省人化ロボット展」今回の見どころ
  • 低振動・低騒音モデル CSB-BAシリーズ
  • 電動2、3爪ロボットハンド
  • 軽量薄型サーボアクチュエータシステム
  • ドローン用モータ&ESC
  • ハイスピードカメラ「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」


■「第2回 自動化・省人化ロボット展」出展概要
 会期 : 2019年7月24日(水)から26日(金)10:00~17:00
 会場 : 東京ビッグサイト 西展示棟 4ホール 
 ブース : W4B-22 (西4ホール)
 入場料 : 招待状持参者、事前登録者は無料
       ※招待状や事前登録が無い方は入場料3,000円
 主催 : 一般社団法人日本能率協会

自動化・省人化ロボット展_地図600x553.jpg
「第2回 自動化・省人化ロボット展」出展ゾーン地図


■「第2回 自動化・省人化ロボット展」見どころの詳細

●低振動・低騒音マイクロステップドライバ&ステッピングモータセット CSB-BAシリーズ
CSB-BAシリーズは低速運転時(200r/min以下)におけるモータ振動が大幅に低減され、小型化が進むワーク搬送の安定化を実現できました(従来機種比較でピーク値67%以上)。
さまざまな搬送用途に対応できるよう、中空軸モータを含めた専用モータ22種類をラインナップしたため、用途・条件に合わせてドライバに合うモータをお選びいただけます。

csb-ba_silver.jpg
低振動・低騒音マイクロステップドライバ&ステッピングモータセット CSB-BAシリーズ
●電動2、3爪ロボットハンド
コントローラ内蔵でコンパクトな設計となっており、使い方もデジタル入力信号のみで簡単です。
ストローク幅がφ114と広く、針や綿棒など小さいものから、爪のカスタムを行うことで約500gまでの重さに対応可能。
柔らかいものから固いものまで、ワークの形状を崩すことなく掴むことができ、また、ハンド中央部には中空構造を採用し、対象物を掴んだ状態で様々な追加作業ができます。

robot_hand_1.jpgrobot_hand_2.jpg
3爪ロボットハンド



●軽量薄型サーボアクチュエータシステム
専用ドライバとのセットできめ細かなトルク制御が実現し、人の動きのアシストや、自動走行に組み入れることが可能な駆動制御システムです。
また、薄型軽量であるため、組み込まれる機器の省スペース化や軽量化にご活用いただけます。
軽量薄型サーボアクチュエータシステム.jpg
軽量薄型サーボアクチュエータシステム



●ドローン用モータ&ESC
産業用ドローン向けのモータ&ESCです。
徹底した品質管理によるモータ特性の均一化と低振動対策により機体の安定飛行を可能にします。
さらに、現在開発中の専用ESCと組み合わせることで特性・効率の面で最適化されたモータ&ESCシステムでの供給が可能となり、ドローンの更なる安定飛行・長時間飛行の実現に貢献します。

ドローン用アクチュエータの画像
ドローン用モータ



●ハイスピードカメラ「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」
見えなかった瞬間がわかる。
可視化には、高速挙動をスロー映像で見る映像での可視化と振動や騒音など目視では確認できない挙動の可視化があります。 今まで映像と挙動の可視化には複数の機器の組み合わせが必要でしたが、それを1台で実現したのが「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」です。

PLEXLOGGER.jpg
ハイスピードカメラ「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」



このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ,展示会情報 ]

2019.06.26

シナノケンシ・信州大学工学部 人材育成含む包括連携協定
包括連携協定調印式600x400.jpg
シナノケンシ・信州大学工学部 包括連携協定調印式の様子

 シナノケンシと信州大学工学部は、SDGsの理念に基づき、
①「協創」(相互の提案型)による課題設定を通した共同研究、
②相互の講師派遣等による教育支援と人的交流、
③信州大学生の長期インターンシップ等による人材育成
の3つの取り組みを柱とする包括連携協定を結びました。人材育成や人的交流まで含めた<包括的な協定>としては、当社としても信州大学工学部としても初めての試みとなります。

 調印式は、信州大学の長野(工学)キャンパス・国際科学イノベーションセンター2階セミナースペースで6月24日に行われました。
信州大学工学部・天野良彦学部長とシナノケンシ代表取締役社長・金子元昭による調印式のあとの記者会見では、SDGsをベースとした包括連携協定の内容に関心が集まりました。

 7月1日から3年間をかけて「モータを使った製品の騒音振動問題を解決する」という社会価値の実現に向けて、共同研究や人材育成などの取り組みを進める予定です。

 プロジェクトベースで相互に多くの人材が集まって協創する、という連携の新しいモデルケースとして、ぜひご注目ください。

◆3つの取り組み
 ①共同研究 
  市場における課題を共有し、大学のシーズを活用したアプローチを提案する。
 ②相互教育
  互いの異なる特徴を授業やセミナーを通じて、相互に教えあい、知識を高める。
 ③産学連携による人材育成
  インターンシップを通じ社会のニーズや必要な技術を知る。


SDGs(Sustainable Development Goals):2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です


このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ ]

2019.06.13

"新ブランド戦略"でシナノケンシが変わる  ロボット・医療・福祉・高速通信分野などで "モータ技術をベースとした「動き」のソリューション"を加速 
2019年6月
シナノケンシ株式会社
====================================================================

"新ブランド戦略"でシナノケンシが変わる

ロボット・医療・福祉・高速通信分野などで
"モータ技術をベースとした「動き」のソリューション"を加速
====================================================================

 シナノケンシ株式会社(以下シナノケンシ・代表取締役社長 金子元昭)は、ロボット・医療・福祉・高速通信分野などで、ポンプ・ファン・減速機付きモータなどを使った問題解決力と提案力をいっそう高め、"モータ技術をベースとした「動き」のソリューション"を加速する「新しいコーポレートブランド」について発表します。

【発表趣旨】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ASPINAロゴ100x31.png
 産業機器・家電・住設・自動車・医療・福祉分野などでモータやモジュールを開発・生産するシナノケンシは、昨年、創業100周年を迎えましたが、次の100年に向けて、新しいブランドを立ち上げます。シナノケンシは、ロボット・医療・福祉・高速通信分野などで、ポンプ・ファン・減速機付きモータなどのモジュール提案を通して、設備・機器メーカーへの問題解決や技術提案="モータ技術をベースとした「動き」のソリューション"をさらに加速します。

 新しいコーポレートブランドは『ASPINA』(読み方:アスピナ)。長期成長戦略のひとつであるグローバル市場への展開に向け、広く世界中の関連業界や新規事業や製品を創出しようとする潜在顧客への認知度向上を図ることを目的としています。シナノケンシという社名は変更しませんが、社外向けにグローバルに発信するコーポレートブランドは、『ASPINA』を統一ブランドとして使用することになります。

 「新しいブランド『ASPINA』は、『世界中の人びとの希望と快適をカタチに』というミッションのもと、お客様と一緒になって徹底的に考え、当社の技術を活かして、発想とソリューションで新しい製品や事業を実現することを目指しています」と金子元昭代表取締役社長。

 想定するおもな市場は、生産工場だけでなく暮らしへの浸透も始まっているロボット分野、高齢化社会への課題解決につながる医療・福祉分野、今後市場の拡大が予想される5G高速通信関連分野で、グローバルな営業活動を通して、更なる社会への貢献につなげたいと考えています。
 具体的な想定顧客や市場には、新規事業を立ち上げようとするスタートアップ企業をはじめ、産業分野でのロボットハンド・自動化や行動アシストロボット分野、コンプレッサー等を利用した医療・福祉機器分野、産業用ドローンやモビリティ分野、さらに高速通信分野でのサーバー冷却用途、工場や家庭向けポンプ・ブロワ機器分野、省エネ化が進む家電分野、車載用空調・冷却・電動システム分野、などがあります。

 シナノケンシでは、今年9月から新ブランド『ASPINA』を利用したグローバル展開を開始し、秋の各種業界向けの展示会等で積極的なPR活動を順次進めていく計画です。

■新しいコーポレートブランドとメッセージ
 =======================================================
      ASPINAロゴ291x91.png

   変革を起こすパートナーとして
   紡ぎだされた発想に息吹を与え、
   世界中の人びとの希望と快適をカタチに。  
     
   ASPINAは、一世紀の時を超えて
   熱意と共に挑みつづけます。

   (英訳)
   After 100 years, 
   ASPINA aspires to partner ideas and solutions 
   that shape the world of tomorrow. 
 =======================================================

■ASPINAの由来
 SPIN をA で囲んでいます。SPIN は、シナノケンシの始まりであるSilk Spinning(絹糸紡績)やモータのSpin(回転)を意味し、A 級の製品を、お客様と一緒に紡ぎだすブランドであることを表しています。
また、英単語のAspire ともかけており、「熱望する、切望する、熱願する、目指す、志向する」という意味を込めています。

【ロゴ】
 全体を太く力強いロゴにしており、難題に立ちむかい、課題を解決するASPINA の姿勢を表しています。P にダイナミックな動きのあるカーブを使用し、SPIN の意味をロゴにも込めると同時に、新たな価値を紡いでいく姿勢やものづくりへの熱い探求心も込めています。また、濃紺のカラーは、洗練さや思慮深さ、品質の高さを見る人に印象づけます。

【スローガン】
 ASPINA には、「世界中の未来を動かしていくこと(=Inspire)を技術で実現したい(=Engineered)という想いが込められています。パートナーとともに、実現化や向上に努めることを伝えるメッセージです。

【メッセージ】
 ミッション、提供価値、パーソナリティから文章を構成し、ASPINA ブランドが持つ価値を情緒的に伝えると同時に、ASPINA という新しいブランドが、100 年以上の歴史の積み重ねの上で誕生したブランドであることを付け加えています。また、ASPINA にかけられているAspire の意味を込め、「熱意と共に挑みつづけます」と締めくくることで、未来志向でありながらお客様とともに発展していくブランドであることを表しています。

■ブランドカラーについて
 ブランドには、カラーに込めた思いや意味づけがあります。ASPINAでは、濃紺をメインカラー、オレンジをサブカラーとして、ブランド展開をします。
 濃紺では、これまでもシナノケンシで強みとして培ってきた「洗練さ」「思慮深さ」「堅実さ」「まじめさ」や、品質の高さを印象づけ、オレンジではこれからさらに強みとしていきたい「アクティブさ」「スピーディーさ」を表しています。

ブースデザイン600x279.png
(上画像)ブランドカラーを使った展示会ブースのサンプル画像

■9月以降の展示会について
今年9月以降に『ASPINA』を掲げて出展する予定の展示会。

◆関西機械要素技術展(日本)       【10月 2日~10月 4日】
◆2019年中国国际公共安全博览会(中国) 【10月28日~10月31日】
◆COMPAMED (MEDICA)(ドイツ)     【11月18日~11月21日】
◆SPS(ドイツ)             【11月26日~11月28日】
◆国際画像機器展2019(日本)      【12月 4日~12月 6日】
◆2019国際ロボット展(iREX)(日本)   【12月18日~12月21日】

■ブランド特設ページをオープンしました!
新しいブランドの背景やネーミングの由来なども、特設ページの中で紹介しています。

シナノケンシの新しいコーポレートブランド"ASPINA"

【補足資料】

【1】『世界中の人びとの希望と快適をカタチに』
 ASPINAが描く世の中は、世界中の人びとが「希望」と「快適」を感じながらつながっている姿です。
 この「希望」とは、世界中の人びとが抱く"明日への期待"であり、この「快適」とは、世界中の人びとが望む"快活で安心な未来"です。
 私たちは、ASPINAというブランドを通して、「希望」と「快適」をカタチにしていく、つまり"モノづくり"で実現する...という、私たちだからできる役割を担っています。この「ミッション」は、シナノケンシグループの全員が同じ想いとして共有する"出発点"そのものなのです。
(ブランド内容をおもに社内向けに説明するためのブランドブックから―)

【2】お客様とともに"紡ぎ出す"発想とは
 「希望」と「快適」を人びとが感じられる世の中を、同じように目指そうとするお客様には、素晴らしい理想と、困難でも解決しなければならない課題とがあるはずです。それを徹底的に一緒になって考えるのがシナノケンシグループの強みです。お客様は理想の世の中をともに目指すパートナーであり、お客様からも私たちをパートナーと呼んでいただけるような力強い関係を築きたいものです。
 シナノケンシは、パートナーとともに新たに紡ぎ出した発想から、新しい切り口、新しい見方で、期待を上回る提案力をもってお客様に応えようとしています。繭から紡ぎ出されたシルクが、予想を超える輝きを創り出すように...。お客様とともに温めた発想から、"お客様も気づいていない価値"を生み出せるように...。
(ブランド内容をおもに社内向けに説明するためのブランドブックから―)

【3】シナノケンシの歴史

 1918 故金子行徳の主唱により信濃絹絲紡績株式会社を創立
 1962 産業構造の変化を予測し、電子部(モータ部門)を開設
 1972 上田市に上田工場を開設しテープデッキの製造を開始
 1973 社名をシナノケンシ株式会社に改称
 1982 シナノケンシ・コーポレーションをロサンゼルスに設立
 1993 ベルギーにプレクスター S.A.、シナノケンシ・ヨーロッパN.Vを設立
 1995 中国広東省にモータ新工場建設
 2014 シナノケンシ・ヨーロッパGmbHをドイツに設立
 2015 生産拠点としてメキシコ工場を開設
 2018 創立100周年

お問い合わせ=========================

◆この<発表>に関するお問い合わせ 
シナノケンシ株式会社 広報室 畑 典之
〒386-0498 長野県上田市上丸子1078
TEL:0268-41-1800(代表) 携帯:090-1535-2214(広報 畑) FAX:0268-43-0010 

※ 原稿内の画像データをご希望の際は、メール宛先をご連絡下さい。お送り致します。

=================================



続きを読む

このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ,プレスリリース ]

2019.06.04

「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2019 名古屋」 に出展します!
人とくるま2018名古屋600x450.JPG
昨年開催「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2018 名古屋」の様子

PLEXLOGGER.jpg
波形同期型ハイスピードカメラ「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」

「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2019 名古屋/AUTOMOTIVE ENGINEERING EXPOSITION 2019 NAGOYA」 に、波形同期型ハイスピードカメラ「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」を出展いたします。

ハイスピードカメラに関連する素朴な疑問やご相談がございましたら、ぜひ弊社ブースへお越しください。


■「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2019 名古屋」出展製品


波形同期型ハイスピードカメラ 「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」
  ・PLEXLOGGER PL2
  ・PLEXLOGGER PL3
  ・PLEXLogPlus II
  ※その他、各種活用事例について展示いたします。

■「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2019 名古屋」見どころ

自動車業界を含め開発/製造現場では、製品の挙動や製造・生産ラインの動きを可視化したいというニーズが多くありました。可視化には、高速動作をスロー映像でみる映像での可視化と、振動や騒音など目視では確認できない挙動の可視化の2つがあります。今まで映像と挙動の可視化には複数の機器の組み合わせが必要で1つの可視化データとしてまとめるのが非常に煩雑でしたが、それを1台で実現したのが、『プレクスロガー』です。

 
【ハイスピードカメラ「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」の特徴】
  1. 高速映像とデータ波形の同期記録。その場で再生。
   映像波形同期記録そのば再生250x236.jpg

  2. 豊富なトリガ機能と選べる2種類の記録モード
   トリガ機能400x229.png

  3. 持ち運びから設置、操作までとにかく簡単
   持ち運び設置操作簡単300x203.png

  4. 解析ソフトウェアが標準添付
   解析ソフトウェア標準添付400x249.png

  5. サーモグラフィに切替可能なマルチカメラ機能。[業界初]
   サーモグラフィー切替可能.png


【ハイスピードカメラ「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」活用事例のご紹介】
  ・サスペンション振幅時の挙動
  ・トランスミッション回転時の挙動
  ・溶接の条件だし
  ・ワイパーの挙動
  ・ドアミラーの挙動
  ・エンジンマウントの挙動
  ・モーター内部の撮影


 キーワード:
 ハイスピードカメラ / 高速度カメラ / サーモグラフィ / データロガー / プレクスロガー

■「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2019 名古屋」出展概要

 会期 : 2019年7月17日(水)から7月19日(金)
      10:00~18:00 (最終日は17:00まで)

 会場 : ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

 当社ブース番号 : 第3展示館 216

 主催 : 公益社団法人自動車技術会

■関連リンク



このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ,展示会情報 ]

2019.06.04

「New Education Expo 東京・大阪」に出展します!
製作画面600.png
「PLEXTALKProducer(プレクストークプロデューサー)」製作画面

◆いーリーダー600.png
「いーリーダー」再生画面


「New Education Expo 東京」「New Education Expo 大阪」にPLEXTALKProducer(プレクストークプロデューサー)」「いーリーダー」を出展いたします!

「PLEXTALKProducer」は読み上げ教材DAISY(デイジー)が手軽に作れるソフトウェア、いーリーダー」はDAISYのタブレット向け再生アプリです。


■「New Education Expo 東京」「New Education Expo 大阪」出展概要
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 「New Education Expo 東京」
 会期  : 2019年6月6日(木)~6月8日(土) 9:30~18:00
 
 会場  : 東京ファッションタウンビル(TFT)

 当社ブース番号  : 134

 主催  : New Education Expo 実行委員会


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 「New Education Expo 大阪」
 会期  : 2019年6月14日(金)~6月15日(土) 9:30~18:00
 
 会場  : OMM(大阪マーチャンダイズ・マート)

 主催  : New Education Expo 実行委員会

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■「New Education Expo 東京」「New Education Expo 大阪」出展品の詳細

PLEXTALKProducer
製作の流れ600.png

 PLEXTALKProducerは、製作時間がなかなか取れないと言ったお悩みを、合成音声の自動付加機能や自動総ルビ機能で解決します。
 ルビや発音設定による読み情報補正機能を搭載し、DAISYをご利用の方にとってより読みやすく/聴きやすく配慮できるような木目細かいコンテンツ製作をお手伝いします。「簡単取り込みオプション」なら、文字化機能がついて紙の教材からの取り込みや、複雑なレイアウトのPDFファイルからの取り込みが直感的に行えます。



いーリーダー
e-reader_top.png

 「いーリーダー」は読むことに困難のある子ども達を支援するiPad用DAISY再生アプリです。
 文部科学省の平成26年度、平成27年度「学習上の支援機器等教材研究開発支援事業」を受託し、各教育委員会・学校等と連携した実証研究を進め、学校・教育現場において読みやすさと使いやすさを特長としています。
 Windows用「いーリーダー」は総務省の平成28年度情報通信利用促進支援事業費補助金(デジタル・ディバイド解消に向けた技術等研究開発)の助成を受けて開発しました。






このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ,展示会情報 ]

2019.04.26

「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」 に出展いたします。
PLEXLOGGER700.png
波形同期型ハイスピードカメラ「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」

201807_人とくるまのテクノロジー展名古屋ブース写真600x450.JPG
「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展」 昨年出展の様子

「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2019 横浜/AUTOMOTIVE ENGINEERING EXPOSITION
2019 YOKOHAMA」 に波形同期型ハイスピードカメラ「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」を出展いたします。

ハイスピードカメラに関連する素朴な疑問やご相談がございましたら、些細なことでも結構ですので、
この機会にぜひ弊社ブースに足をお運びください。


■「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」出展製品

 
波形同期型ハイスピードカメラ 「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」
  ・PLEXLOGGER PL2
  ・PLEXLOGGER PL3
  ・PLEXLogPlus II
  ※その他、各種活用事例について展示いたします。

■「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」見どころ

 自動車業界も含め開発/製造現場では、製品の挙動や製造・生産ラインの動きを可視化したいという
 ニーズが多くありました。可視化には、高速動作をスロー映像でみる映像での可視化と振動や騒音など
 目視では確認できない挙動の可視化の2つがあります。今まで映像と挙動の可視化には複数の機器の
 組み合わせが必要で1つの可視化データとしてまとめるのが非常に煩雑でしたが、それを1台で実現した
 のが、『プレクスロガー』です。

PLEXLOGGER.jpg
 
【ハイスピードカメラ「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」の特徴】
  ・高速度カメラとデータロガーがモニタ付きで『オールインワン』
  ・決定的瞬間とその前後を『トリガ機能』で簡単自動記録
  ・持ち運びや設置も簡単な『小型・軽量・ポータブル』設計
  ・記録したデータの詳細解析が可能な『解析ソフトウェアを標準添付』
  ・「業界初」カメラヘッドの切り替えで『サーモグラフィに拡張』可能


 
【ハイスピードカメラ「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」活用事例のご紹介】
  ・サスペンション振幅時の挙動
  ・トランスミッション回転時の挙動
  ・溶接の条件だし
  ・ワイパーの挙動
  ・ドアミラーの挙動
  ・エンジンマウントの挙動
  ・モーター内部の撮影


 キーワード:
 ハイスピードカメラ / 高速度カメラ / サーモグラフィ / データロガー / プレクスロガー

■「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」出展概要

 会期:2019年5月22日(水)から5月24日(金) 10:00~18:00 (最終日は17:00まで)

 会場:パシフィコ横浜 展示ホール

 ブース番号: 31

人とくるま地図.jpg

 主催:公益社団法人自動車技術会


■関連リンク



このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ,展示会情報 ]

2019.04.23

ゴールデンウィーク休業のお知らせ
弊社ではゴールデンウィーク休業を下記の通り取らせていただきます。
期間中は大変ご不便おかけいたしますが、
何卒ご理解くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


■ゴールデンウィーク休業日程
4月27日(土)〜5月5日(日)


尚、休業期間中のお問い合わせに関しましては、
上記休業期間後の回答となりますので、
予めご了承頂きますようお願い申し上げます。

このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ ]

2019.03.27

インドからのインターンシップ受け入れで交流

経済産業省の国際化促進インターンシップ事業の一環で、シナノケンシでは、インドから技術系のインターンシップ2名を昨年3か月にわたり受け入れました。現在、経済産業省のホームページで、異文化マネジメントの事例として紹介されています。

今回のインターンシップでは、インド市場を理解するうえで人と人の交流は欠かせないと、指導社員を持ち回り制にして社員と広くコミュニケーションをとることができました。受け入れ側としては、インド人の価値観や習慣、文化、経済状況を吸収する一方で、インターンの二人は、「日本のビジネスや新技術をエンジニアやビジネスのスペシャリストともに過ごすことで学ぶことができた」と話しています。

◇経済産業省の国際化促進インターンシップ事業ホームページ (下のバナーをクリック)
経済産業省の国際化促進インターンシップ事業ウェブサイトのページ

【求職をお考えの皆さんへ】
シナノケンシでは、国内はもちろん、広く海外からの採用実績もあり、グローバルな働き方を希望する皆さんに、人事部門では広く窓口を開いています。

◇シナノケンシの採用ページ
http://www.skcj.co.jp/recruit/

このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ ]

2019.03.25

「第4回 名古屋機械要素技術展」モータ・ドライバ・ハイスピードカメラ等を展示します!
第4回 名古屋機械要素技術展出展製品 低振動・低騒音マイクロステップドライバ&ステッピングモータセット CSB-BAシリーズ標準品モータ Plexmotion(プレクスモーション)CSA-UTシリーズ標準品モータ Plexmotion(プレクスモーション)SSA-TRシリーズ電動2、3爪ロボットハンド 外観画像ハイスピードカメラ「プレクスロガー」plexlogger 一覧画像

シナノケンシは、搬送時のモータ振動を大幅に低減する小型モータドライバの新製品、1台からでもご購入いただけるモータ「Plexmotion(プレクスモーション)」シリーズ、映像と挙動の可視化を1台で実現するハイスピードカメラ「プレクスロガー」などを、4月17日から19日まで開催される「第4回 名古屋機械要素技術展」で展示出品いたします。


■「第4回 名古屋機械要素技術展」今回の見どころ

  • 新製品!低振動・低騒音マイクロステップドライバ&ステッピングモータセット CSB-BAシリーズ
  • 標準品モータ Plexmotion(プレクスモーション)シリーズ
  • 電動2爪/3爪ロボットハンド
  • 軽量薄型サーボアクチュエータシステム
  • 電動キャスターシステム
  • ハイスピードカメラ「プレクスロガー」



■「第4回 名古屋機械要素技術展」出展概要

第4回 名古屋機械要素技術展への出展の概要は次の通りです。

 会期 : 2019年4月17日(水)から4月19日(金)10:00~18:00 最終日のみ17:00終了
 会場 : ポートメッセなごや
 ブース : 第一展示館 14-6
 入場料 : 招待券をお持ちの方は無料。
 主催 : リード エグジビション ジャパン株式会社


mtech2019hall.gif
「第4回 名古屋機械要素技術展」出展ゾーン地図


■「第4回 名古屋機械要素技術展」見どころの詳細

●低振動・低騒音マイクロステップドライバ&ステッピングモータセット CSB-BAシリーズ
低振動・低騒音マイクロステップドライバ&ステッピングモータセット CSB-BAシリーズ
Plexmotion CSB-BAシリーズドライバは低速運転(200r/min以下)におけるモータ振動が大幅に低減され、小型化が進むワークを安定して搬送することができます。(従来機種比較でピーク値67%以上)

基本的な搬送用途にすべて対応できるように、中空モータを含めた専用モータ22種類をご用意しました。このため、ドライバに合うモータを探す手間も省けます。



●標準品モータ Plexmotion(プレクスモーション)シリーズ
標準品モータ Plexmotion(プレクスモーション)CSA-UTシリーズ標準品モータ Plexmotion(プレクスモーション)SSA-TRシリーズ
「Plexmotion」製品は、お客様が本当に必要とされる機能に絞り込んだ「機能別モデル」による製品展開を行い、これらのモデルを用途に応じてお選びご使用頂くことによって、お客様が本当に必要とする機能だけを適切な価格でご提供することを実現します。
また「Plexmotion」製品は全て標準在庫品となっておりますので、お客様は実際に必要な数だけを必要な時にだけご購入頂けます。無駄な在庫保管費用や注文リードタイムのご心配は必要ありません。

名古屋機械要素技術展では、2軸同時駆動スピードコントローラ&ステッピングモータ2台セットのCSA-UTシリーズと、コントローラ内蔵ステッピングモータSSA-TRシリーズのデモ機を展示いたします。




●電動2爪/3爪ロボットハンド
電動2、3爪ロボットハンド 外観画像電動2、3爪ロボットハンド クローズアップ画像
コントローラ一体でコンパクトな設計となっており、またデジタル入力信号のみで簡単にお使いいただくこともできます。
ストローク幅が広く、小さいものから大きいものにも対応できます。
把持するワークに合わせ、最適な把持力・開閉量に調整することができるため、柔いものから硬いものにも対応できます。
ハンド中央部には中空構造を採用し、対象物を掴んだ状態で様々な追加作業を組み合わせることが可能です。




●軽量薄型サーボアクチュエータシステム
軽量薄型サーボアクチュエータシステム 画像
専用ドライバとのセットできめ細かなトルク制御が可能で、人の動きをアシストしたり、自動走行に組み入れたりすることができる駆動制御システムです。 また、軽量薄型であるため、組み込まれる実機の省スペース化や軽量化への貢献が見込まれます。


●電動キャスターシステム
電動キャスターシステム デモ機の画像
車輪一体の薄型構造により、置き換えのみで電動・アシスト化を実現でき、実機の省スペース化にも貢献します。 また専用ドライバとセットできめ細かなトルク制御により、なめらかな動きを提供する事ができます。


●ハイスピードカメラ「プレクスロガー」
ハイスピードカメラ「プレクスロガー」plexlogger 一覧画像
可視化には、高速挙動をスロー映像で見る映像での可視化と振動や騒音など目視では確認できない挙動の可視化があります。 今まで映像と挙動の可視化には複数の機器の組み合わせが必要でしたが、それを1台で実現したのが「プレクスロガー」です。



このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ,展示会情報 ]

1 |  2  |  3