run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...

ホーム > ニュース

ニュース

最新のニュース

2018.03.16

「第3回名古屋機械要素技術展」に出展します !
シナノケンシは様々なモータでお客様の設計自由度を高くするご提案をします。

ロボット開発やFA向けにモータを展示します。 自社開発のコミュニケーションロボットなどのデモンストレーションを実施し、
お客様の課題解決にお役立ていただける新製品をご紹介します。 
また、技術提案のできる専門スタッフも常駐し、お客様の課題に則したソリューションをご提案します。

是非お気軽にブースにお立ち寄りください。


会期: 2018年4月11日(水)から4月13日(金)10:00~18:00 
     (13日(金)のみ17:00まで) 

会場: ポートメッセなごや

小間番号: 12-5

入場料: 無料  招待券と名刺2枚が必要
      招待券の申し込みはこちら

主催: リード エグジビション ジャパン株式会社
     展示会ウェブサイトはこちら

このページのリンク カテゴリー : [ 展示会情報 ]

2018.03.15

ゴールデンウィーク休業のお知らせ
弊社ではゴールデンウィーク休業を下記の通り取らせていただきます。
期間中は大変ご不便おかけいたしますが、
何卒ご理解くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

■ゴールデンウィーク休業日程
4月27日(金)〜4月30日(月)
5月3日(木)~5月6日(日) まで

尚、休業期間中のお問い合わせに関しましては、
上記休業期間後の回答となりますので、
予めご了承頂きますようお願い申し上げます。

このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ ]

2018.03.06

「テクノフロンティア2018」モータ技術展に出展します!

テクノフロンティア2017年.pngのサムネイル画像
※写真は昨年の様子です。

シナノケンシはモーションコントロールの分野で総合技術を活かし、課題解決へのご提案を行っています。

本ブースではオートメーションや医療等、高効率や小・軽・静が求められる分野でのモータソリューションを中心に、物の形や動きを捉えるハイスピードカメラ、3Dスキャナなどもご紹介します。

是非お気軽にブースにお立ち寄りください。

■Plexmotion(標準モータ)
 ・モータの自在な制御を可能にする様々な機能と豊富なラインナップ
■医療用コンプレッサー
 ・ピストン型 オイルレス
 ・低振動 4気筒タイプ
 ・低温度上昇 
 ・セルフクーリングファン付
■波形同期型ハイスピードカメラ
 ・高速度カメラとデータロガーが『オールインワン』
 ・決定的瞬間を『トリガ機能』で簡単自動記録 ・持ち運びや設置も簡単
 ・解析ソフト標準添付
   製品サイト→ http://plextor.jp/plexlogger/
■3Dスキャナ
 ・小型・軽量で可搬性に優れた3Dスキャナー
 ・土木工事現場で施工状態と設計図面との差分をリアルタイムに可視化
■加工部品

テクノフロンティア出展者紹介ページ

会期:2018年4月18日(水)から4月20日(金) 10:00~17:00

会場:幕張メッセ
https://www.m-messe.co.jp/access/

ブース番号:4E-35

主催:一般社団法人日本能率協会
    展示会ウェブサイトhttps://www.jma.or.jp/tf/

入場料:無料
      展示会ウェブサイトより来場者登録してください




このページのリンク カテゴリー : [ 展示会情報 ]

2018.03.01

100周年特設サイトをオープンいたしました!
シナノケンシは創立100周年を迎えました。

当社の創業時代から、未来に向けての新しい事業活動までをご覧ください。

特設サイト

このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ ]

2018.02.23

独立行政法人国際協力機構(JICA)民間技術普及促進事業 エジプトの読みに困難を抱える人々を''誰もが読めて使いやすい''マルチメディア電子書籍で支援
独立行政法人国際協力機構(JICA)
plextalk.png
民間技術普及促進事業
エジプトの読みに困難を抱える人々を
"誰もが読めて使いやすい"マルチメディア電子書籍で支援


2018年2月22日
シナノケンシ株式会社

 シナノケンシ株式会社(福祉・生活支援機器ビジネスユニット)(以下、シナノケンシ)では、「バリアフリーな読書環境をデイジーでトータルサポート」をスローガンに、デイジー(DAISYと表記、Digital Accessible Information SYstemの略)に準拠した電子書籍製作ソフトウエア『PLEXTALKProducer(プレクストーク プロデューサー)』を開発・販売しております。デイジー(DAISY)は、誰もが読めて使いやすいマルチメディア電子書籍の国際標準規格です。
 この度、エジプトの読みに困難を抱える人々を"誰もが読めて使いやすい"マルチメディア電子書籍(DAISY)で支援する当社の提案事業が、独立行政法人国際協力機構(JICA)「開発途上国の社会・経済開発のための民間技術普及促進事業」として採択されました。「PLEXTALKProducer」をアラビア語に対応し、本事業を通じてエジプトへの普及促進を図ります。この事業によって、視覚障がい・学習障がいなどの障がい者や、十分な学習機会がなかった非識字者など、従来の出版物では読むことが困難な人々に、知識・情報へのアクセスを保障するための課題解決に貢献してまいります。

PLEXTALKProducer.jpgのサムネイル画像
読書障害者のためのアクセシブルな
マルチメディア電子書籍(DAISY)
製作ソフトウエアツール
PLEXALKProducer (プレクストーク プロデューサー)

1. 背景
 シナノケンシが提案した「読書障害者用DAISY図書製作ソフトウエア普及促進事業」が、独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施する2017年度第1回「開発途上国の社会・経済開発のための民間技術普及促進事業」に採択され、2018年3月からエジプトでの本格的な活動を開始します。この事業は、デイジー(DAISY)(誰もが読めるアクセシブルなマルチメディア電子書籍の国際標準規格)に準拠してシナノケンシが開発した電子書籍製作ソフトウエア『PLEXTALKProducer(プレクストーク プロデューサー)』を、エジプトで普及促進することを目的としたものです。なお、当社は、視覚障がい者用の読書機「PLEXTALK(プレクストーク)」や、"誰もが読めて使いやすい"DAISY図書を読むためのソフトウエアや配信システム等を、日本、欧州、オーストラリア、北米、インド等と、販売地域を拡大しつつ、約20年にわたりビジネスを展開してきました。

●日本の状況・・・小中学校のDAISY教科書や副教材で「PLEXTALKProducer」利用が普及
 「PLEXTALKProducer」は、日本の全国視覚障害者情報提供施設協会に加盟している施設に、DAISY規格のコンテンツ(図書)を製作するためのソフトウエアとして導入されています。また、日本の読みに困難を抱える子ども達は、全児童・生徒のうちの少なくとも2.4%と推計される中、小中学校では、DAISY規格の"誰もが読めて使いやすい"マルチメディア版の教科書(以下、DAISY教科書)が普及してきています。このDAISY教科書を製作するためのソフトウエアとして、製作ボランティア団体に「PLEXTALKProducer」は使用されています。2018年1月末現在では日本全国で、約6,000名のさまざまな読みに困難のある子ども達がDAISY教科書を利用して授業に参加しています。教員が、重複障がいの子ども達のために、「PLEXTALKProducer」を使って自ら独自の教材を作って提供している例もあります。

●エジプトの状況・・・貧困による非識字者多く、学校教育でも読む権利を推進する動きが活発化
 本事業の活動地域であるエジプトでは、貧困層や地方に住む人々の教育では、学校を途中でやめてしまうことが問題となっています。初等教育を途中でやめてしまう率は、20%にも上ります。2012年の非識字率は24.9%であり、貧困層では3分の1を超える人が非識字者となっています。また、学習障がいなど、さまざまな読みに困難を抱える人々への支援が不足している現状があります。
 エジプトは、2008年に障害者権利条約を批准し、2012年から毎年、Information and Communications Technology for Persons with Disabilities (ICT4PWDs)に関する会議を開催。会議の中心となっているMCIT(通信・情報技術省Ministry of Communications and Information Technology)は、"One Thousand Schools for PWDs" (障がい者に対応した学校を1000校に増やすこと)を提唱しています。通常の学校でも特別支援学校でも適切なICT機器、プログラム、ツールを備えることを目標として活動を推進しています。
 良質なDAISY 製作ソフトがないために、"誰もが読めて使いやすい"マルチメディア電子書籍の活用が進んでいないアラビア語圏に、アラビア語に対応した「PLEXTALKProducer」の普及を図ることで、誰もが情報・知識を入手しやすい環境づくりに貢献し、ビジネスの拡大を目指すものです。

参考情報 (JICA ホームページ掲載情報への参照)
(1) 開発途上国の社会・経済開発のための民間技術普及促進事業について
(2) 第8回 民間技術普及促進事業で5件の採択を決定

2. 事業の内容
 本事業は、エジプトの知識・情報発信の拠点であり、インターネット情報の収集拠点としても世界的に知名度の高いアレキサンドリア図書館の協力を得て実施します。アレキサンドリア図書館は、「Taha Hussein  Library」という視覚障害者の利用に特化した図書館機能を持ち、DAISY規格の録音図書の製作と提供を7年間行ってきました。しかし、製作ソフトウエアのアラビア語対応が不十分だったため、視覚障がい者および広く読みが困難な人々に向けた、"誰もが読めて使いやすい"マルチメディアの電子書籍は、数冊が試作されたのみにとどまっています。

Bibliotheca Alexandrina.JPGのサムネイル画像
(アレキサンドリア図書館外観)

 本事業を通して、アラビア語に対応した「PLEXTALKProducer」をアレキサンドリア図書館に導入・技術移転し、また、アレキサンドリア図書館の職員を日本に受け入れて技術活用の好事例への理解を促進することで、"誰もが読めて使いやすい"マルチメディアの電子書籍製作の先導的モデルケースを構築します。この成果をアレキサンドリア図書館で2回開催するセミナーで発表し、現地政府および地方自治体関係者、障がい者団体、関係国際団体との個別面談により、広くマルチメディアの電子書籍の有効性について理解促進を図り、ニーズの掘り起こしと連携可能な事業を調査する計画です。


主な活動計画
(1) 2018年春頃
  第1回アクセシブル・マルチメディア・セミナー開催(エジプト国アレキサンドリア市)
(2) 2018年夏頃
  日本へのアレキサンドリア図書館職員受け入れ。図書館、障害者支援団体、学校等を訪問予定。
(3) 2018年秋頃
  第2回アクセシブル・マルチメディア・セミナー開催(エジプト国アレキサンドリア市)

PLEXTALKProducerについて
(1) PLEXTALKProducerとは読書障がい者のための"誰もが読めて使いやすい"マルチメディア電子書籍(DAISY)製作ソフトウエアツールです。マルチメディアDAISY図書は、音声・文字・画像を同期させて読めるため、視覚障がい者・学習障がい者等、従来の印刷された教科書・教材・書籍・雑誌を読むことに困難がある人々にとって有効な、知識・情報の提供手段です。
(2) 販売価格(日本)
  45,000円(税込48,600円)
  90日間の無料体験版があります。
(3) 製品ホームページ


3. アレキサンドリア図書館の本事業に対する期待
 アレキサンドリア図書館より、本事業に対する期待として、以下のコメントを受けております。

【アレキサンドリア図書館のコメントの要約】
 アレキサンドリア図書館は、エジプトで初めての視覚障がい者および読みに困難を抱える人々のための図書館を開設し、アラブ世界での"誰もが読めて使いやすい"マルチメディア電子図書(DAISY)の出版に対してリーダーシップを発揮してきました。
 このたび、日本とエジプトの協力事業に参加し、シナノケンシと共同でアラビア語対応の電子書籍製作ソフトウエアに取り組むことができることをうれしく思っています。
 アレキサンドリア図書館のアラビア語図書製作の知識と、日本のマルチメディア電子書籍(DAISY)製作の技術で、アラビア語の書籍が"誰もが読めて使いやすい"マルチメディアDAISYの形で製作され普及することにより、アラブ世界において、障がい者を含むすべての人に向けた出版と、読む権利と情報の公平な利用に関する理解や支援が促進されると期待しています。


Taha_Hussein_Library_1.pngのサムネイル画像
(Taha Hussein Library 室内の様子)


Taha_Hussein_Library_2.pngのサムネイル画像
(Taha Hussein Library 室内の様子)

参考情報 (アレキサンドリア図書館 ホームページへの参照)
(1) アレキサンドリア図書館ホームページ
(2) 視覚障害者向け図書館 Taha Hussein Library のページ

4. 今後の活動
 "誰もが読めて使いやすい"マルチメディア電子書籍(DAISY)を使用した、読みに困難を抱える人々への継続的な支援の定着と拡大が、ビジネス展開のうえで最も大切な要素となるため、ステークホルダーとの関係を維持し、継続的な技術支援を行う必要があります。本事業を通じて、良質なアフターサポートの提供と、アラビア語で現地商習慣に沿った営業活動を行うことができる、信頼のおける現地代理店を開拓し、ビジネスの定着を図ってまいります。
 将来的には、配信システム、再生ソフトウエア、再生ハードウエア機器商品の投入に対し十分な市場が醸成され、新たな商材の販売の可能性が広がります。さらに、エジプト周辺のアラビア語諸国への横展開を目指します。


◆お問い合わせ先 
〒386-0498 長野県上田市上丸子1078
シナノケンシ株式会社  広報チーム 畑 典之
TEL:0268-41-1800(本社) 090-1535-2214(広報携帯)
FAX:0268-43-0010 E-mail:kouhou@skcj.co.jp
*製品の画像データをご希望の場合は、メール宛先を広報担当までご連絡下さい。
折り返し、ご希望の画像データをお送り致します。




このページのリンク カテゴリー : [ プレスリリース ]

2017.12.28

当社創立100周年記念TVCMスタートいたします!

シナノケンシのTVCMが、いよいよスタート。
100周年を迎える2018年、新しいTVCMにシナノケンシの「未来」を感じていただければ・・・。
コンテンポラリーダンスで、モータやアクチュエータの「動き」を表現しています。

静かに。
軽く。
小さく。

人間の「うごく」をぜんぶ。

http://www.shinanokenshi.com/japanese/outline/tvmovie.php

このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ ]

2017.12.25

年末年始休業のお知らせ
弊社では年末年始休業を下記の通り取らせていただきます。
期間中は大変ご不便おかけいたしますが、
何卒ご理解くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

■年末年始休業日程
12月29日(金)〜1月4日(木)まで

尚、休業期間中のお問い合わせに関しましては、
上記休業期間後の回答となりますので、
予めご了承頂きますようお願い申し上げます。

このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ ]

2017.12.25

「第2回ロボデックス」に出展いたします
シナノケンシ株式会社は1台からでもご購入いただける標準品モータ「Plexmotion(プレクスモーション)」シリーズ を、第2回 ロボデックスに出展いたします。是非お気軽にブースにお立ち寄りください。

第2回 ロボデックス

会期:
2018年1月17日(水)から1月19日(金)10:00~18:00
(19日(金)のみ17:00まで) 

会場:
東京ビッグサイト

ブース番号:
W5-3(西ホール 1F) 

入場料:
無料 ※招待券の申し込みはこちら

主催:
リード エグジビション ジャパン株式会社

このページのリンク カテゴリー : [ 展示会情報 ]

2017.11.23

「2017国際ロボット展」に出展いたします
シナノケンシ株式会社は、来たる11月29日から12月2日に東京ビッグサイトで開催される「2017国際ロボット展」に出展いたします!
展示ブースでは、精密モータ/軽量薄型のアクチュエータやドライバ、1台からでもご購入いただける標準品モータ「Plexmotion(プレクスモーション)」シリーズについて、新製品等の展示を行います。
また合わせて、製造業の開発・設計現場の評価・検証効率を劇的に向上させる波形同期型ハイスピードカメラ「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」を展示いたします。

尚、今回は先日プレスリリースにて発表いたしました、「電動3爪ロボットハンド」「軽量薄型サーボアクチュエータシステム」を国際ロボット展に参考出展いたします!
両製品のプレスリリース記事は以下のページでご覧ください。

▼「異型物を柔軟につかむ」電動3爪ロボットハンドを開発

▼軽量薄型サーボアクチュエータシステムを「2017国際ロボット展」に出展

当日はぜひお気軽にお立ち寄り下さい。

【出展概要】
展示会: 2017国際ロボット展[ INTERNATIONAL ROBOT EXHIBITION 2017 (iREX2017) ]
日時: 2017年11月29日(水)~12月2日(土) 10:00~17:00
会場: 東京ビッグサイト
ブース: 東6ホール SR31
展示品: 精密モータ/軽量薄型アクチュエータやドライバ
       ※製品情報ページ → http://www.shinanokenshi.com/japanese/products/motor.php
    標準品モータ「Plexmotion(プレクスモーション)」
       ※製品の詳細はこちら → http://www.plexmotion.com/
    波形同期型ハイスピードカメラ「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」
       ※製品の詳細はこちら → http://plextor.jp/plexlogger/
        事前の資料請求、製品に関するご相談 → https://plextor.jp/plexlogger/support/form.php

このページのリンク カテゴリー : [ 展示会情報 ]

2017.11.22

軽量薄型サーボアクチュエータシステムを「2017国際ロボット展」に出展
報道関係各位
2017年11月
シナノケンシ株式会社

 シナノケンシ株式会社(以下シナノケンシ)は2017年11月29日~12月2日に開催される「2017国際ロボット展」に、新たに開発したアシスト・自動走行用「軽量薄型サーボアクチュエータシステム」を出展します。
 このたび開発した「軽量薄型サーボアクチュエータシステム」は、専用ドライバとのセットできめ細かなトルク(電流)制御が可能で、人の動きをアシストしたり、自動走行に組み入れたりすることができる駆動制御システムです。また、軽量薄型であるため、組み込まれる実機の省スペース化や軽量化への貢献が見込まれます。おもな用途はアシスト・自動走行用で、具体的な応用例としては、パワーアシストスーツ・アシストモビリティー・簡易AGV(Auto Guided Vehicle)の3分野があります。「軽量薄型サーボアクチュエータシステム」は、標準品として2018年3月からの受注を計画しておりますが、シナノケンシは、引き続き、自動化や作業アシストなどロボット制御分野への提案を進めて参ります。

サーボ①.JPG

    
【新製品の特長】
【1】軽量薄型によって、省スペース化・より軽量化に貢献
 軽量(本体のみ598g)・薄型(厚さ46.5mm)という小型化によって、特にパワーアシストスーツなど、体に装着する際に邪魔にならず、省スペース化や軽量化に貢献しています。

【2】専用ドライバとセットできめ細かなトルク(電流)制御が可能
 特にアシスト機能に必要な"一定の力をかけ続ける制御"が可能なトルク(電流)制御に特徴があります。制御モードには、トルク(電流)・速度・位置を含みますが、"人が動かそうとする力以上を出さない"という機能安全性をトルク(電流)制御で実現しています。
    
【3】無通電時に出力軸が回転できるため人への負荷が少ない
 機能安全面で重要な項目に、電源が入っていない(電源が切れた)時に、動かしにくくなるなどの人への負荷が少ないことがあります。本製品は、イナーシャ(慣性モーメント)、バックドライブトルク(動かそうとする力を妨げる抵抗力)が小さいため、電源OFF時に出力軸が回転可能であり、結果として人への負荷が少なく、急に電源が切れた時などの機能安全性も確保しています。

【その他の特徴・仕様】
・防滴仕様(IPX4)(屋外使用可能/少雨・汗などに対応)
・定格トルク    :8Nm
・最大トルク(瞬時):25Nm
・重量:598g (本体のみ) 
・直径:100mm
・厚さ:46.5mm
・イナーシャ:0.05kg㎡ 
・バックドライブトルク:0.8Nm

【応用例】
<1>パワーアシストスーツ
 重量物の運搬や積み替え、斜面の昇降などの作業時に、屈伸や歩行をアシストします。パワフルなアシスト力(定格トルク8Nm)を持ち、かつ軽量薄型のため、体側部が作業の邪魔になりません。

サーボ②.JPG


<2>アシストモビリティー
 アシストから低速自走まで可能。例えばアシスト型車椅子などでは、介助者の負担を軽減できます。また、車椅子の位置や向きの調整など低速自走の駆動部分として利用することも可能です。

サーボ③.JPG


<3>簡易AGV(Auto Guided Vehicle)
 運搬を目的とした自動運転にこのサーボアクチュエータシステムを 組み入れることで、移動精度を高めることもできます。耐重量を表すラジアル荷重が900Nあるため、4輪台車であれば、約300kg(車重含む)の積載が可能になります。

キャプチャ④.JPG

◆「2017国際ロボット展」に出展
展示会名:2017国際ロボット展
会 期:2017年11月29日(水) ~12月2日(土)
会 場:東京ビッグサイト 
弊社ブース番号:東6ホール SR-31

お問い合わせ=========================
<商品>に関するお問い合わせ
シナノケンシ株式会社 FAビジネスユニット
〒386-0498 長野県上田市上丸子1078
TEL: 0268-41-1885
http://www.shinanokenshi.com/japanese/
この<発表>に関するお問い合わせ 
シナノケンシ株式会社 広報チーム 畑 典之
〒386-0498 長野県上田市上丸子1078
TEL:0268-41-1800(代表) FAX:0268-43-0010
E-mail: kouhou@skcj.co.jp
http://www.shinanokenshi.com/japanese/
※ 製品写真の画像データをご希望の場合は、メール宛先をご連絡下さい。お送り致します。
===============================

このページのリンク カテゴリー : [ プレスリリース ]

1 |  2  |  3