run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...

ホーム > ニュース

ニュース

最新のニュース

2019.11.19

ASPINA(シナノケンシ)の電動3爪ロボットハンド  ユニバーサルロボットがUniversal Robots+製品として認証 UR+グリッパとして日本初の認証製品
2019年11月19日
シナノケンシ株式会社

ASPINA(シナノケンシ)の電動3爪ロボットハンド  

ユニバーサルロボットがUniversal Robots+製品として認証

UR+グリッパとして日本初の認証製品

______________________________________________________________________________________________

ASPINA(シナノケンシ)の電動3爪ロボットハンドARH305Aが、協働ロボットの周辺機器プラットフォーム「Universal Robots +(以下、UR+)」に、グリッパとして日本で初めて認証されました。これにより、食品、化粧品、医療業界など、協働ロボットの導入が困難だとされていた中小規模の製造現場において、ロボット活用および自動化が加速することが期待されます。
_______________________________________________________________________________________________ 

ASPINA(シナノケンシ株式会社)(本社:長野県上田市、代表取締役社長 金子 元昭、以下ASPINA)は、同社が開発・製造する電動3爪ロボットハンドARH305Aが、ユニバーサルロボット(日本支社代表 山根 剛、東京都港区、以下UR)製協働ロボット(以下「URロボット」)の周辺機器プラットフォーム「UR+」製品として認証されたことを発表します。ARH305Aは、グリッパとして日本初のUR+認証製品となります。
URロボットに搭載されたASPINA製電動3爪ロボットハンド ARH305A.jpg
写真:URロボットに搭載されたASPINA製電動3爪ロボットハンド ARH305A

人手不足が進む近年の生産現場において、人が行っている手作業をロボットに代替させる動きは、徐々に進行しています。ASPINA電動3爪ロボットハンドは、手に代わる自動化のために必要な、異型物を柔軟に把持できる機能を実装しています。特に、中小企業の製造現場でこれまで手作業で行うことが多かった作業をはじめ、食品、化粧品、医療、物流分野などで応用が可能になり、工程の自動化に貢献します。
UR+は、URロボットとプラグ&プレイで使える周辺機器のプラットフォームです。ロボットアームの仕様やインターフェースをオープンにし、それらに準拠するエンドエフェクタ、カメラ、センサなどの周辺機器をデベロッパが開発します。ユニバーサルロボットによる検証、認証を経てデベロッパがUR+製品として販売します。UR+製品は、URロボットのティーチングペンダントを通して設定できるため、ユーザーやSIERがロボットのシステムインテグレーションの構築にかかる時間や費用を削減できます。

ユニバーサルロボット 日本支社代表 山根 剛氏は次のように述べています。
「精密モーターの名門であるシナノケンシを、UR+ファミリーにお迎えすることは大きな喜びです。中小製造業でのロボット導入のハードルを下げるべくさまざまな取り組みを行ってまいりましたが、特に食品、化粧品、医薬品といった3品業界では形やサイズの異なる物体をいかに柔軟に掴めるか、が課題でした。ASPINA(シナノケンシ)の電動3爪ロボットハンドで同業界での導入がさらに加速することでしょう。さらに、日本企業初のUR+グリッパが、今後世界にも展開され、各国における製造業の課題解決に貢献していくことを期待しています」

 また、ASPINA ALビジネスユニット長 中込 真二は、次のように説明しています。
「『自動化』『省人化』『軽労化』へ向けた活動に企業・業界が取り組んでいますが、現在ロボットが導入されていない分野で解決すべき課題が多いと認識しています。そこでコア技術であるモーターを活かしてハンドリングの分野で貢献できるのではないかと考え、『あらゆるものを把持』をスローガンに開発を進めています。今後のラインナップにより中小企業の製造現場をはじめ食品・化粧品・医薬品や物流分野などで課題解決を図っていきたいと考えております」

◆ASPINA 電動ロボットハンドの特長

1.異形物や柔らかいものの把持
 ステッピングモータを用いたサーボシステムを持つため、柔・硬に合わせて把持力が調整可能なだけでなく、動作速度や開閉位置等も制御可能です。さらに、φ116mm(標準爪にて)の大きなストロークを活かして、把持する対象物の形質やサイズに合わせて、最適の動作パターンを選ぶことができます。また、コンパクトな外径のため、ロボット動作の自由度を広げます。

2.中空構造による付加価値提案
ロボットハンドの中央部が中空構造となっているため、カメラによってワークを常に視界にとらえる、ライトによる外部ビジョンシステムのサポート、エアーによる把持力向上や簡易エアブローの役割、センサによる物の有無の判別、QRコードの読み取りなど、ユーザーへの提案に多くの可能性を持っています。

3.モータ・コントローラの一体化と交換可能な爪
 モータ・コントローラの一体化によって小型化するだけでなく、3爪を交換できる構造になっています。爪はお客様が専用の用途にあったものをご準備いただくケースが多いのですが、さまざまなシチュエーションでの使用をご検討いただくため、爪の交換が容易になっています。

◆ASPINA 電動ロボットハンドの展望

 電動ロボットハンドは、UR+としてグローバルな販売展開を目指すと同時に、他のバリエーションも準備し、ASPINAの従来の販売網を含めて早期に年間1000台の出荷台数を目指します。金属加工や精密部品組立、食品・化粧品・医薬品や物流分野などで、ひとつのハンドでさまざまなものを掴む・把持することを目指していきたいと考えております。

 [ASPINAとは]  

「ASPINA」(読み方:アスピナ)は、シナノケンシの新しいコーポレートブランドです。長期成長戦略のひとつであるグローバル市場への展開に向け、広く世界中の関連業界や新規事業や製品を創出しようとする潜在顧客への認知度向上を図ることを目的としています。シナノケンシという社名は変更しませんが、社外向けにグローバルに発信するコーポレートブランドは、「ASPINA」を統一ブランドとして使用しております。「ASPINA」は、「世界中の人びとの希望と快適をカタチに」というミッションのもと、お客様と一緒になって徹底的に考え、当社の技術を活かして、発想とソリューションで新しい製品や事業を実現することを目指しています。


[ユニバーサルロボットについて]
 2005年に設立されたユニバーサルロボットは、あらゆる規模の会社でロボット技術による自動化を実現することを目的に、小型で、使いやすく、リーズナブルな価格設定で、フレキシブルかつ安全な産業用ロボットの開発に努めています。2008年に協働ロボット第一号を発表して以来、ユーザーフレンドリーなコボットの提供によって大きな成長を遂げており、現在では世界中で販売されています。ユニバーサルロボットはTeradyne Inc.傘下の企業であり、デンマーク、オーデンセに本社を置き、米国、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、チェコ共和国、トルコ、中国、インド、シンガポール、日本、韓国、台湾、メキシコに子会社や支社を擁しています。2018年のユニバーサルロボットの売上高は 2億3400万ドルでした。

本件に関するお問い合わせ先
シナノケンシ株式会社  広報室  畑 典之
〒386-0498 長野県上田市上丸子1078
TEL:0268-41-1800(本社)090-1535-2214(携帯)/ Email:kouhou@skcj.co.jp

商品(ロボットハンドARH305A)のお問い合わせは...
シナノケンシ株式会社  Plexmotionサポートセンター
TEL:0268-42-1133 / Email:Plexmotion@skcj.co.jp  


このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ,プレスリリース ]

2019.11.19

「第2回シナノケンシ祭」の売上金を義援金として寄付しました
11月15日、シナノケンシ株式会社は「第2回シナノケンシ祭」(10/26開催)の売上金全額(491,820円) を義援金として、「長野県台風第19号災害対策本部」へ寄付致しました。

被害に遭われた皆様にお見舞いを申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復興を、心より祈念致します。

このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ ]

2019.11.12

「国際画像機器展2019」に出展します!
諏訪圏工業メッセ2018 PLEXLOGGER
国際画像機器展2018_2.jpg
昨年出展の様子


2019年12月4日~6日に開催される「国際画像機器展2019 」にPLEXLOGGER(プレクスロガー)を出展いたします!

ハイスピードカメラに関連する疑問やご相談がございましたら、この機会にぜひ弊社ブースに足をお運びください。


■「国際画像機器展2019」 出展概要

 会期: 2019年12月4日(水)から12月6日(金) 10:00~17:00

 会場: パシフィコ横浜 ホールD

 ブース番号: 15

 主催: 日本画像・計測機器協会

■「国際画像機器展2019」 出展製品

 ・PLEXLOGGER PL3
 ・PLEXLogPlus II
 ※その他、各種活用事例について展示いたします。


■「国際画像機器展2019」出展 「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」の見どころ

見えなかった瞬間がわかる。

 開発/製造現場では、製品の挙動や製造・生産ラインの動きを可視化したいというニーズが多くありました。可視化には、高速動作をスロー映像でみる「映像での可視化」と、振動や騒音など目視では確認できない「挙動の可視化」の2つがあります。今まで映像と挙動の可視化には複数の機器の組み合わせが必要で、1つの可視化データとしてまとめることが非常に煩雑でしたが、それを1台で実現したのが、「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」です。


 【PLEXLOGGER(プレクスロガー)の特徴】

  1. 高速度カメラとデータロガーがモニタ付きで「オールインワン」

  2. 決定的瞬間とその前後を簡単自動記録する「トリガ機能」

  3. 持ち運びや設置も簡単な「小型・軽量・ポータブル」設計

  4. 記録したデータの詳細解析が可能な「解析ソフトウェアを標準添付」

  5. 「業界初」カメラヘッドの切り替えで「サーモグラフィに拡張」可能



 【PLEXLOGGER(プレクスロガー)活用事例のご紹介】


  ・サスペンション振幅時の挙動
  ・トランスミッション回転時の挙動
  ・溶接の条件だし
  ・ワイパーの挙動
  ・ドアミラーの挙動
  ・エンジンマウントの挙動
  ・モーター内部の撮影



■関連リンク


このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ,展示会情報 ]

2019.11.01

「第2回シナノケンシ祭」へのご来場ありがとうございました
10月26日(土)に開催した「第2回シナノケンシ祭」は、約3,000名のお客様にご来場をいただき、盛況のうちに終了することができました。誠にありがとうございました。

当日は天候が心配されましたが、雨も上がり好天に恵まれました。地元の小中学生による金管バンドや吹奏楽部の素晴らしい演奏を始め、奥村晃&エマーノン・ブラス・クインテット様、上田エンジェルス様、長野大学和太鼓サークル「和(NAGI)」様など、多彩なゲストに会場を盛り上げていただきました。好評のワークショップ体験や社員食堂の一般開放に加えて、新たに企画した工場見学ツアーでは、様々な質問をいただき、お客様の関心の高さを実感することができました。

本年の開催は、台風19号が長野県内にも甚大な被害をもたらした直後でしたが、地域が元気を取り戻す一助になりたいとの思いから開催を決定しました。「第2回シナノケンシ祭」における売り上げの一部は「令和元年台風第19号災害義援金」として長野県を通じて寄付をさせていただきます。寄付の詳細については後日、同ホームページにて改めて公表いたします。

当日の様子はシナノケンシ祭公式Twitterにて写真を掲載予定ですので、こちらもぜひご覧ください。

新しいコーポレートブランド「ASPINA」を掲げシナノケンシ株式会社は、これからも地域の皆様との「つながり」を大切に歩んで参ります。今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ ]

2019.10.30

「サイトワールド2019」に出展します!
プレクストークポータブルレコーダーPTR3.png
プレクストークポータブルレコーダーPTR3


「サイトワールド2019」に「PLEXTALK(プレクストーク)」を出展いたします!
2019年11月1日(金)~3日(日)東京にて開催されます。

「PLEXTALK(プレクストーク)」は、見えない方、見えにくい方向けの「本を読む」福祉・生活支援機器です。デイジー形式の音訳小説や音声解説付きの映画(シネマデイジー)を楽しむことができ、また、音声ガイドを搭載しているので操作も安心です。
卓上型サピエ対応のプレクストークポータブルレコーダーPTR3、小型でポケットにも入るリンクポケット等、お客様のライフスタイルに合わせた製品ラインナップをり揃えております。
PTR3では、インターネットラジオが聴けて、点字データも読むことが可能となる「お楽しみ機能追加オプション」もご紹介いたします。




■「サイトワールド2019」出展予定品

・プレクストークポータブルレコーダーPTR3
・プレクストークリンクポケット
・プレクストークPTN3
・プレクストークポケットPTP1


■「サイトワールド2019」出展概要

 会期  : 2019年11月1日(金)から3日(日) 10:00~17:00
 会場  : すみだ産業会館サンライズホール



■「サイトワールド2019」出展予定品の詳細

プレクストークポータブルレコーダーPTR3

プレクストークPTR3はパソコンを使わずにサピエのデイジー図書、シネマデイジー、雑誌などが聴けるデイジーオンラインサービスに対応した卓上型デイジー録音再生機のスタンダードです。



●プレクストークリンクポケット

サピエのデイジー図書、シネマデイジー、雑誌が聴けるだけではなく、CDだけで配信されるデイジー図書、ニュースから趣味の世界まで楽しめるポッドキャストもこれ1台で聴けます。小型軽量で録音もできるので、いつでもどこでも「聴ける 録れる 持ち出せる」プレクストークです。



●プレクストークPTN3

プレクストークPTN3は視覚障がい者の方向けに専用設計した卓上型デイジー図書の再生専用機です。音声ガイドでどなたでも簡単に操作することができます。



●プレクストークポケットPTP1

プレクストークポケットPTP1は、ポケットに入れて持ち歩ける小ささと軽さが特長です。外出先でも気軽にDAISY図書・音楽を楽しめ、会議や授業をDAISY形式で長時間録音することもできます。DAISYだけでなくWAVE(PCM)、MP3などの再生にも対応し、録音したデータはSDカードへ直接記録することができます。



関連リンク





このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ,展示会情報 ]

2019.10.21

シナノケンシ祭は予定通り開催します

台風19号が日本列島を襲い、長野県内にも大きな被害をもたらしました。
これを受け、弊社として10月26日のシナノケンシ祭りを中止すべきか検討を重ねましたが、「地域の皆様、地域の子どもたちが元気を取り戻せるお祭りにしよう」と考え予定通り開催を決断いたしました。

今回の開催にあたって、弊社は台風により被災された皆様に心からのお見舞いを申し上げるとともに、お祭りでの売上金の一部を義援金として、「長野県台風第19号災害対策本部」に寄付することにしました。

シナノケンシ祭が、上田市をはじめとする地域社会に元気を取り戻すための一助となれば幸いです。

このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ ]

2019.10.15

台風19号の影響について
このたびの台風19号により、弊社がある上田市でも浸水等の被害が出ています。
弊社従業員はじめ建物・設備等への被害はなく、業務への影響は出ておりません。
ご心配をいただいた皆様に御礼を申し上げます。

このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ ]

2019.10.08

「日本ライトハウス展 ~全国ロービジョンフェア2019~」に出展します!
プレクストークポータブルレコーダーPTR3.png
プレクストークポータブルレコーダーPTR3


「日本ライトハウス展~全国ロービジョンフェア2019」に「PLEXTALK(プレクストーク)」を出展いたします!
2019年10月19日(土)~20日(日)大阪にて開催されます。

「PLEXTALK(プレクストーク)」は、見えない方、見えにくい方向けの「本を読む」福祉・生活支援機器です。デイジー形式の音訳小説や音声解説付きの映画(シネマデイジー)を楽しむことができ、また、音声ガイドを搭載しているので操作も安心です。
卓上型サピエ対応のプレクストークポータブルレコーダーPTR3、小型でポケットにも入るリンクポケット等、お客様のライフスタイルに合わせた製品ラインナップをり揃えております。
PTR3では、インターネットラジオが聴けて、点字データも読むことが可能となる「お楽しみ機能追加オプション」もご紹介いたします。




■「日本ライトハウス展」出展予定品

・プレクストークポータブルレコーダーPTR3
・プレクストークリンクポケット
・プレクストークPTN3
・プレクストークポケットPTP1


■「日本ライトハウス展」出展概要

 会期  : 2019年10月19日(土)から20日(日) 10:00~16:00
 会場  : 難波御堂筋ホール7階と8階
 入場料 : 無料
 主催  : 社会福祉法人日本ライトハウス、 読売 光と愛の事業団共催





■「日本ライトハウス展」出展予定品の詳細

プレクストークポータブルレコーダーPTR3

プレクストークPTR3はパソコンを使わずにサピエのデイジー図書、シネマデイジー、雑誌などが聴けるデイジーオンラインサービスに対応した卓上型デイジー録音再生機のスタンダードです。



●プレクストークリンクポケット

サピエのデイジー図書、シネマデイジー、雑誌が聴けるだけではなく、CDだけで配信されるデイジー図書、ニュースから趣味の世界まで楽しめるポッドキャストもこれ1台で聴けます。小型軽量で録音もできるので、いつでもどこでも「聴ける 録れる 持ち出せる」プレクストークです。



●プレクストークPTN3

プレクストークPTN3は視覚障がい者の方向けに専用設計した卓上型デイジー図書の再生専用機です。音声ガイドでどなたでも簡単に操作することができます。



●プレクストークポケットPTP1

プレクストークポケットPTP1は、ポケットに入れて持ち歩ける小ささと軽さが特長です。外出先でも気軽にDAISY図書・音楽を楽しめ、会議や授業をDAISY形式で長時間録音することもできます。DAISYだけでなくWAVE(PCM)、MP3などの再生にも対応し、録音したデータはSDカードへ直接記録することができます。



関連リンク





このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ,展示会情報 ]

2019.10.01

第2回 シナノケンシ祭 今年は Hello, ASPINA
シナノケンシ祭_タイトル.jpg

 シナノケンシ株式会社(以下シナノケンシ・代表取締役社長 金子元昭)では、昨年に続き地域の皆様に楽しんでいただける「シナノケンシ祭」を開催します。昨年、当社の創立100周年記念事業として、地域の皆様とのつながりを深め、私たちのことを知っていただくために始まった「シナノケンシ祭」。
 今年のテーマは、EXCHANGE --地域とかかわる 私たちもかわる--。9月中旬から導入した新ブランド「ASPINA」を皆様にお披露目し、未来に向かって変わっていく私たちと、地域の皆様との楽しい1日。参加者全員がワクワクする祭です。Hello, ASPINA と新しいコーポレートブランドを掲げて、より多くの皆さんに、ASPINA/シナノケンシを知っていただけるように、当日は社員が来場者を心からお待ちしています。

【おもな開催内容】..........................................................................................

◆時期:2019年10月26日(土) 
    10:00~15:50
◆会場:上田市丸子文化会館(セレスホール)
    シナノケンシ本社(上田市上丸子1078)

◆プログラム:詳細は下リンクのシナノケンシ祭チラシをご参照ください
2019シナノケンシ祭ロゴ300x385.jpg

❶「シナノケンシ音楽祭」
小中学校の金管バンドや吹奏楽部による生き生きとした演奏を楽しめます。第1部では小学校とエマーノン・ブラス・クインテットの合同演奏。野外ステージへ飛び出す第2部では、地元小中学校のサウンドに加えて各学校の先生方と社員有志による合同バンドの演奏も予定しています。
 音楽祭400x211.jpg

❷「奥村晃氏&エマーノン・ブラス・クインテット LIVE」
地元東御市出身のトロンボーン奏者奥村晃氏率いるエマーノン・ブラス・クインテット。東京藝術大学の同級生5人で結成され、日本の中堅金管五重奏団を代表する存在です。幅広いジャンルの音楽を奏でる高い表現力が評価されています。ホールと野外の2つの演奏をお楽しみいただけます。
 20190830_エマーソンブラスクインテッド加工400x274.jpg

❸「上田エンジェルス特別公演」
今年、世界大会サミットで2位に輝いた、上田で活動する小・中学生のチアリーディングチーム。躍動感あるパフォーマンスをご覧いただけます。
 エンジェルス ブレイブ400x263.jpg

❹「和太鼓ステージ」
長野大学和太鼓サークル「和(NAGI)」の迫力の演奏では、子どもたちが楽しめる和太鼓体験もあります。
長大和太鼓サークル400x266.png

❺「社員による工作体験コーナー」
ものづくり大好きな子どもたち集まれ!昨年も好評だった、社員と一緒につくって楽しめて持ち帰れる、子ども向けのワークショップです。

❻「工場見学ツアー」に「社員食堂の開放」など
普段は見ることのできない工場内(一部)の見学ツアーのほか、社員食堂を開放して、社員による社食総選挙の上位メニューも含め飲食(有料)をご利用いただけます。

お問い合わせ=========================
◆この<発表>に関するお問い合わせ 
シナノケンシ株式会社 広報室 畑 典之
〒386-0498 長野県上田市上丸子1078
TEL:0268-41-1800(代表) 携帯:090-1535-2214(広報 畑)        
FAX:0268-43-0010 
===============================

このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ,プレスリリース ]

2019.09.10

「第22回 関西 機械要素技術展」に出展します!
19年機械要素技術展700x400.jpg
第22回機械要素技術展.png

「第22回 関西 機械要素技術展/M-Tech KANSAI」に、1台からでもご購入いただける標準品モータ「Plexmotion(プレクスモーション)」、異型物を柔軟につかむ ロボットハンド、現場の見える化を実現するハイスピードカメラ「プレクスロガー」を出展します!


■「第22回 関西 機械要素技術展/M-Tech KANSAI」今回の見どころ

低振動・低騒音モデル CSB-BAシリーズ
・電動3爪ロボットハンド
・軽量薄型サーボアクチュエータシステム
・ハイスピードカメラ「プレクスロガー」



■「第22回 関西 機械要素技術展」出展概要

 会期 : 2019年10月2日(水)~4日(金) 10:00~18:00 (最終日のみ17:00終了)
 会場 : インテックス大阪 4号館
 ブース : 4号館 18-58
 入場方法 : 入場には招待券と名刺2枚が必要になります。
        招待券は下リンク先よりお申込みください。
        招待券のお申込みはこちら
         ※招待券をお持ちでない場合、入場料5,000円/人
 主催 : リード エグジビション ジャパン株式会社

19kansai_map.jpg
「関西 機械要素技術展」出展ゾーン案内図


■「第22回 関西 機械要素技術展」見どころの詳細

●低振動・低騒音マイクロステップドライバステッピングモータセット CSB-BAシリーズ

CSB-BAシリーズは低速運転時(200r/min以下)におけるモータ振動が大幅に低減され、小型化が進むワーク搬送の安定化を実現する事ができました。(従来機種比較でピーク値67%以上)
さまざまな搬送用途に対応できるよう、中空軸モータを含めた専用モータ22種類をラインナップしたため、用途・条件に合わせてドライバに合うモータをお選びいただけます。
csb-ba_silver.jpg
マイクロステップドライバステッピングモータセット CSB-BAシリーズ


●電動3爪ロボットハンド

コントローラ内蔵でコンパクトな設計となっており、使い方もデジタル入力信号のみで簡単です。
最大開口径がφ116と広く、針や綿棒など小さいものから、爪のカスタムを行うことで約500gまでの重さに対応できます。
柔らかいものから固いものまで、ワークの形状を崩すことなく掴めます。
ハンド中央部には中空構造を採用し、対象物を掴んだ状態で様々な追加作業ができます。
robot_hand_1.jpgrobot_hand_2.jpg
3爪ロボットハンド



●軽量薄型サーボアクチュエータシステム CBA-50FFF-T49

専用ドライバとのセットできめ細かなトルク制御が実現し、人の動きのアシストや、自動走行に組み入れることが可能な駆動制御システムです。
また、薄型軽量であるため、組み込まれる機器の省スペース化や軽量化にご活用いただけます。
軽量薄型サーボアクチュエータシステム.jpg
軽量薄型サーボアクチュエータシステム CBA-50FFF-T49



●ハイスピードカメラ「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」
見えなかった瞬間がわかる。
可視化には、高速挙動をスロー映像で見る映像での可視化と振動や騒音など目視では確認できない挙動の可視化があります。 今まで映像と挙動の可視化には複数の機器の組み合わせが必要でしたが、それを1台で実現したのが「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」です。

PLEXLOGGER.jpg
ハイスピードカメラ「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」



このページのリンク カテゴリー : [ お知らせ,展示会情報 ]

1 |  2  |  3