ホーム > 製品情報 > 販売終了製品 > FAQ一覧

製品・技術/Motor

ドライブの認識不良と設置直後のトラブル

デバイスマネージャーのCD/DVDドライブすべてに"!"マークがついて、ドライブが正常に認識できなくなった。

WindowsXP環境でCD/DVDドライブをご利用の際、記録系ソフトウェアの不具合により、以下のような エラーメッセージが表示されドライブが認識されないときがございます。

  • 必要なドライバを読み込めないため、このデバイスは正しく動作していせん(コード 31)
  • このデバイスのドライバは必要でないため、無効になっています。(コード 32 または コード 31または39)
  • レジストリが壊れている可能性があります。(コード 19)
  • デバイス ドライバを正常に読み込みましたがハードウェア デバイスが見つかりません(コード 41)

<改善方法>
以下の手順でレジストリの一部を削除して再起動してください。

  • WindowsをSafeModeで起動する
  • ”ファイル名を指定して実行”からRegedit.exe(レジストリ エディタ)と入力し起動する。
  • レジストリの次のキーから、UpperFilters 値を見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control¥Class¥{4D36E965-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}
    [編集] メニューの [削除] をクリックし、[OK] をクリックします。
  • レジストリの同じキーから、LowerFilters 値を見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control¥Class¥{4D36E965-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}
    [編集] メニューの [削除] をクリックし、[OK] をクリックします。
  • レジストリ エディタを終了し、コンピュータを再起動します。

注1 : Upperfilters値とLowerfilters値の削除後に、CDの記録ソフト等、特定のプログラム機能 が失われた場合はそのソフトウェアを再インストールすることが必要になる場合がございます

注2 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、最悪の場合オペレーティング システムの再インストールが必要になることがありますので、作業は慎重にお願いいたします。

※詳しくはマイクロソフト社WEBサイトサポート技術情報 - 314060 をご参照ください

USB・IEEE1394対応のドライブをPCに接続しても認識しない

PX-S2410TUをWinodws98SE環境のPCに接続した場合、最初のドライバインストール手順に誤りがあると、その後、 正常な手順で再セットアップしても認識されない場合がございます。 その場合は以下の手順でセットアップをお願いいたします。

  • デバイスマネージャを起動し”その他のデバイス”を削除する
  • PX-S2410TUの電源をおとす
  • Windowsを再起動し、アプリケーションCDをPC搭載のCD-ROMドライブに挿入する
  • 自動起動してきた画面を閉じる
  • アプリケーションCDをマイコンピュータで開く (ドライブアイコンで右クリック→開く)
  • "Driver"を開き”TPPINST~.EXE”を実行しし、メッセージにしたがってインストールする
  • Windowsを再起動する
  • PX-S2410TUの電源を投入する
  • 認識したらセットアップ完了

Administrator権限でログインしていない場合は、ドライブを接続しても認識いたしません。ユーザーアカウントを変更して再度ログインしなおしてください。またはシステム管理者にご相談ください。

ドライブを接続するとPCが再起動する、または青い画面のエラーが表示される

仮想ドライブを認識させるソフトウェア(Daemon Tools等)がインストールされていると、この現象が発生することがあるようです。恐れ入りますがこれらはアンインストールをお願いいたします。

CD/DVDドライブを接続したところPCが起動しなくなった。

ATAPIのCD/DVDドライブを接続したときにこの問題が発生した場合、HDDとCD/DVDドライブが競合を起こしているものと思われます。
特に大手メーカー製パソコンの場合、HDDのジャンパー設定がCSELになっているため、CD/DVDドライブをスレーブに設定し接続するとPC側のHDDが認識しなくなり、PCが起動しなくなるときがあります。
このような場合は、HDDのジャンパー設定をマスターに変更するか、CD/DVDドライブのジャンパー設定をCSELにして接続してください

SCSIドライブI接続時にこの問題が発生した場合は、その他のSCSI機器とSCSI-IDが競合している可能性がありますIDをもう一度ご確認のうえ他の機器と競合していないかご確認ください。

SCSIのCD/DVDドライブを接続し、OSを立ち上げたら、 デバイスマネージャやマイコンピュータでCDのアイコンが7つ出てきた。

SCSIカードのID(7番)と接続ドライブのIDが同じID番号を使用しているとこの様な障害となりますCD/DVDドライブのIDは7番以外で設定してください。

WindowsNT4.0でATAPI仕様のドライブが認識されない。

WindowsNT4.0の場合、IDEインターフェースの設定を変更しないとドライブが認識しない場合がございます。 コントロールパネルのSCSIのアイコンをクリックし、ATAPIのドライバ(OS標準)を組み込んでください。

WindowsNT4.0でSCSIカードとCD-Rドライブを増設してもOSから認識されない。

WindowsNT4.0では、お手持ちのシステムにSCSI-I/Fを増設した時、 自動的に認識されない場合があります。
コントロールパネルのSCSIアダプタを選択し、ドライバの追加を選択してSCSIカードを認識させて下さい。

OS(Windows等)やライティングソフトウェアのドライブ表記と、ドライブ本体の型番が違う

弊社の製品にはOS(Windows等)上やソフトウェア上で表示されるドライブの型番情報と保証書に書いてある型名と異なる製品がございます。

保証書上の型番 OS(Windows等)、ソフト上の型番
PX-W124TSI  及び PX-W124TSe PX-W124TS
PX-W1210TS 及び PX-W1210TSE PX-W1210S
PX-W4012TS 及び PX-W4012TSE PX-W4012S
PX-W4824TA PX-W4824A
PX-W4012TA PX-W4012A
PX-W2410TA PX-W2410A
PX-W1610TA PX-W1610A
PX-W1210TA PX-W1210A
PX-W8432TI PX-W8432A
PX-208U PX-208T
PX-S88TU PX-S88T
PX-S2410TU PX-S2410T
PX-W2410TU PX-W2410A
PX-W4012TU PX-W4012A
PX-W4824TU PX-W4824A
PX-W5232TA PREMIUM
PX-W5232TU PREMIUM
PX-W5224TA PX-W5224A
PX-W5224TU PX-W5224A
PX-504UF PX-504A
PX-708UF PX-708A
PX-712SA PX-712A

Windowsで外付けのSCSIのCD-ROM、CD-R/RWドライブが認識しない。

外付けのSCSI-CDドライブをご利用いただく際は、必ずドライブの電源を投入してからPCの電源を投入するようにお願いします。PC本体の電源を先に投入すると外付けのCDドライブは認識いたしません。

SCSIのCD/DVDドライブをWindows98に接続したがSCSIボードは正常に認識しているにもかかわらずCD/DVDドライブが認識しない。

Tekram社のSCSIをWindows98でご利用の場合は必ずTekram社のホームページで入手できる最新のドライバー(SCSIボード/カードのドライバー)をインストールしてください。Windowsの標準ドライバーではSCSIのCDドライブが認識しない場合がございます。