ホーム > 製品情報 > モータ開発・製造 > 高効率モータのすべて> シナノケンシの高効率モータ

シナノケンシの高効率モータ



私たちシナノケンシは、50年を超えるモータ開発・製造の歴史を通じ、小型モータの高効率化に多くの経験と実績があります。
本ページでは、私たちの技術、事例、製品、ソリューションなどについてご紹介いたしましょう。

高効率モータ

1. シナノケンシの高効率化技術

私たちはモータの高効率化には、DCブラシレスモータが最適と考えています。
このDCブラシレスモータの効率をさらに向上させるには、

  • より損失の少ない鉄心材料である低鉄損の電磁鋼板を使う、
  • より磁力の強いネオジムマグネットを使う、
  • IPM(Interior Permanent Magnet Motor)型式にする、
  • ベクトル制御を行う、
等の方法があります。

しかし、モータ単体の効率がいかによくても、用途によってはその性能が充分に発揮できない可能性があります。
私たちは、お客様が設計・製造する製品の機能や使われ方までを考え、最適な部品構成や制御方法までを含めた開発を行います。
最終製品を最適化するモータの種類や駆動方法の選定、インバータ制御の方法、ファンや減速機の性能など、モータが動かす部品とのバランス設計を含めた「摺り合わせ」の技術で、お客様の製品の高効率化を実現しています。

2. シナノケンシの高効率モータの実績事例

下図は私たちが作成したブロアの実測性能です。 中央付近の赤丸が仮定した動作点である 体積流量200L静圧 1000Paです。
青線が当社、緑線が現行品のブロアです。実線がPQ、点線が効率になります。
図の赤線が示すように、当社が開発したブロアでは最も効率の良い領域をほぼ200L以下にもってくる事ができました。
動作点で比較した場合に、現行品に対して約7%の効率改善が認められます。
また、水色の線がモータトルクになるのですが、オレンジの線で示してある2~9mN・mのモータ効率の優秀な範囲で、動作している事が確認できます。

3. 高効率モータの種類

小型高効率モータで使用されるDCブラシレスモータの構造には、インナーロータ型とアウターロータ型があり、高効率化を実現するために、それぞれの特徴を生かした選択をしています。

インナーロータタイプ

インナーロータ型のモータは、回転体が軸の中心に近いため、慣性モーメントが小さく、停止精度に優れているため、高速回転かつ可変速で使うファン駆動に向いています。
また、低圧(DC24V)と高圧(DC100/200V)のラインナップがあり、特に高圧タイプは、小型で高効率です。モータ単体だけでなく、シロッコ型やターボ型のファンを取り付けた製品もあります。

アウターロータタイプ

アウターロータ型のモータは扁平・薄型構造で体格の割に、大きなトルクを得やすく、一定回転の場合、非常に回転が安定することから高い回転精度が要求される用途やスペースファクタが重要な製品に向いています。例えば、回転子軸に歯切り、ギア・プーリを圧入して機構系機器に使われています。

4. シナノケンシの高効率モータの用途事例

シナノケンシは小型高効率モータの分野で、お客様と信頼とパートナーシップを築き、モノづくりを行って参りました。
その優れたノウハウや製造技術で生み出された製品には、次のようなものが挙げられます。

  • 給湯機の燃焼用ファン駆動
  • 浴室暖房乾燥機、24時間換気システムなどの住宅設備機器
  • エアコンの室内、室外機、ファンヒータ、扇風機、空気清浄機、加湿機、除湿機、イオンミスト発生器など家電機器の送風用
  • 冷凍・冷蔵ショーケース、自動販売機などの冷気循環や凝縮器に送風し熱交換
  • ビルにあるダクトのダンパを開閉し、空調の効率をよくする為のアクチュエータ
  • コピー機やプリンタなど事務機器の紙搬送、メインドラム駆動

いずれも長時間稼動するため、低消費電力が重要な要素になる機器です。多くの分野で実績が豊富なシナノケンシの高効率モータが最適です。
高効率モータのより詳しい用途については、「小型高効率モータの用途」をご覧ください。

5. シナノケンシの標準モータ

シナノケンシでは、モータのコア(鉄心)や、モータケースなどに何種類かの標準パーツをご用意しています。それらを組み合わせることで、お客様のご要望に沿ったご提案をいたします。
例えば、ファンモータについては、シロッコ型(高風量、低圧力)とターボ型(低風量、高圧力)の2種類のバリエーションをご用意しています。

6. シナノケンシのカスタマイズモータ

シナノケンシのカスタマイズモータは

  • モータのサイズ
  • 出力軸形状(Dカット、ねじ切り、歯切り)
  • 取り付け形状
  • 駆動方式(高圧、低圧、PAM、PWM)

など、お客様の設計意図に沿ったご提案をいたします。
例えばファンモータの場合、ターボファンの羽根とケーシングを自社で設計することで、ファンの効率とモータの効率を適切な動作点で合わせるように組み合わせて、総合効率の高いファンモータにすることができます。
さらに、モータだけでなく電源回路やマイコンを搭載し、ソフトウェアによるモータ制御付き駆動回路をセットにしたご提案も可能です。
お客様の製品とのマッチングによる不具合が発生した場合には、お客様と一緒に原因調査・対策案などを検討し、早期問題解決を図ります。
シナノケンシでは、お客様が設計する最終製品に適した、小型高効率モータについて、ご質問、ご相談を承っています。お気軽にお問い合わせ下さい。

展示会情報

展示会情報

おしらせ

ニュース

モータ・ファンモータ・ブロワ・アクチュエータ等のお問い合わせ

モータ・ファンモータ・ブロワ・アクチュエータ等につきましてお気軽にお問い合わせください。