ホーム > 製品情報 > モータ開発・製造 > ステッピングモータの低振動化・静音化

ステッピングモータの低振動化・静音化



私たちシナノケンシは、50年を超えるモータ開発・製造の歴史を通じ、小型モータの高効率化に多くの経験と実績があります。
本ページでは、私たちの技術、事例、製品、ソリューションなどについてご紹介いたします。

低振動・静音ステッピングモータの概要

シナノケンシでは、お客様が直面するモータに関する様々な問題を解決し、最適なモータをご提供しています。ここでは、低振動、低騒音、精密制御を実現したステッピングモータの開発についてご紹介します。

    製品の特長
  • ダイレクト・ドライブ(ギアなし)
  • 低速回転域における高トルク
  • 滑らか駆動で、低振動・低騒音
  • 低消費電力

低振動・静音ステッピングモータの開発背景

モータの振動を抑え、精密な制御ができる静音モータを

極めて精密な動作が必要な環境では、モータの精密な制御だけではなく、モータから発生する振動や騒音の低減も求められています。製品の性能向上や多様化により、既存のモータでは、高いレベルで要求される低振動や精密な制御を実現することが難しくなりました。

また、人の近くで長時間運用される環境では、モータの振動や電気部品の電磁音から発生する騒音が環境悪化や健康被害に繋がるなどの問題があるため、極めて静かなモータが求められています。

一般的には、ブラシレス直流モータとギアを組み合わることで、この性能を実現できますが、微細な機械加工がほどこされた部品の採用はコストが高くなるため、そのまま製品の価格にも影響してしまいます。

これらの問題を解決するため、低振動、低騒音、精密制御を実現するモータの開発を行いました。

低振動・静音ステッピングモータの特長

ソフトウェア制御と調整で従来のモータに比べ振動を1/3に低減

ブラシレス直流モータとギアを組み合わせたモータでなければ難しい「低振動、低騒音」をステッピングモータで実現します。

ステッピングモータで振動の原因となる共振を、モータ、エンコーダ、ドライバを組み合わせたマイクロステップ技術により解消します。そして製品ごとに発生する微妙なバラつきをモータとドライバのパラメータ調整で押えます。

50年に渡り培ってきたモータ製造の技術とノウハウでバランスを調整し、従来のマイクロステップ技術と比べ振動を1/3程度に低減します。

独自の調整で振動を抑えることにより、極めて高い静音性を実現

通常、ステッピングモータは低速が苦手とされます。低騒音・静音ステッピングモータでは20rpm(毎分20回転)程度の低速でもソフトウェア制御と調整により振動を抑え、低騒音と精密制御を実現します。

振動比較

「独自の制御力・調整力」で低振動、低騒音、精密制御を実現した低コスト設計

これらの性能をソフトウェア制御と独自の調整を行ったステッピングモータで実現します。ブラシレス直流モータと違い微細な機械加工が必要なギアなどの高価な部品が不要となり、最低限の部品構成で駆動できるため、同程度の性能のモータと比べ生産コストを50%程度に抑えることができます。

様々な用途に合わせて最適なモータをご提案

当社では、お客様の用途に合わせて最適なモータをご提案いたします。薬液の供給など高い精度と低振動が求められる環境をはじめ高い静音性が求められる現場に最適なモータを、使用シーンに合わせた細かいセッティングとカスタマイズで対応いたします。

モータ・関連製品 製品情報

HB(ハイブリッド)ステッピングモータ

展示会情報

おしらせ

ニュース

モータ・ファンモータ・ブロワ・アクチュエータ等のお問い合わせ

モータ・ファンモータ・ブロワ・アクチュエータ等につきましてお気軽にお問い合わせください。